産業保健師の就職並びに転職について

企業などで働く産業保健師の就職や転職の場合、就職の際には一からその企業が設置して新規ではじめる場合もあり、何をすればいいかという問題で悩ませることがあります。転職の場合は企業が人材の補充に募集することが多くあります。運がよく転職できた場合、なれないうちには健康診断や問診などの対応案件の多さできつい状態になりがちなケースがあります。

就職の際にはまず自分で勉強をした上で産業保健推進センターというところが都道府県単位でありますので、そこで研修をしながら産業保健師としての道筋を切り開いていったり、同じ産業保健師などが身近にいた場合に相談して助言をもらったりといったことが対策のひとつといえます。 転職して配属された場合においてはその企業の社員全体の傾向や一人一人の業務内容もしくは活動を図る意味でコミュニケーションをとっておくことが大切です。そうすることで、必要なサポートがなんであるのかがわかってくるので、対策が撮りやすくなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ