助産師の年収は看護師より高い

助産師はその名の通り、妊娠や出産に係わり助産行為を行う者のことを言います。資格は女性のみが有し、男性がなることはできません。看護師免許取得者が助産師専門学校などの養成機関で1年以上の専門教育と実習をうけて、それぞれの国家試験に合格すると資格を得ることができます。看護大学によっては、助産師に関する講義や実習をあわせて行うことによって、看護師と同時に受験資格が与えられるところもあります。

このように、看護師の資格が必要などの規定があるため、看護師からステップアップして目指す人がほとんどです。そのため年収も看護師に比べて高いといわれています。ある統計ではおよそ500万円ぐらいだそうです。助産師の現状として、産婦人科を置く病院が医療訴訟などのリスクにより産婦人科を廃止するなど出産環境が悪化していることにより、産科医を目指す人が減っており、その存在が俄然注目されるようになっています。活躍の場がこれからも広がっていく職業と言えそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ